事業承継・株式承継支援

会社の事業だけでなく、会社の株式や各種財産、役職など、これまで経営者として保有、管理、維持してきたさまざまなものを、後継者に譲り渡すのが事業承継です。中小企業の事業承継というと、自分の子供に後を継がせる親族承継しかないと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし近年では、親族以外の第三者への承継やM&Aの活用など、その方法は多様化してきています。
事業承継は100社あれば100通りの考え方があり、決してマニュアル通りに進められるものではないのです。

当事務所では、事業承継で重視すべきポイントは「世代を超えて事業を発展させられる体制を築くこと」だと考えています。
事業承継は、下記の通りさまざまな方法があります。
どの方法が御社にとってベストな選択なのか、お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

事業承継を成功させるための計画策定から実行、実行後のフォローまで、しっかりご支援いたします。

事業を発展させていくためには、次世代の経営体制をどのように構築するかがポイントとなります。
後継者が経営していく上で障害がないか、逆に一定の牽制機能は必要か、財務体質の改善は可能か、企業の組織再編は必要ないかなど、さまざまな事項を検討しなければなりません。

次のようなことでお悩みではありませんか?

  • 事業承継の準備を始めたいが、何から着手すべきか分からない
  • 事業承継について、周りに本音で相談できる相手がいない
  • 後継者は決まっているものの、本当に引き継がせるか迷っている
  • 息子に事業を継がせたいが、相続税も含めてできる限り節税したい
  • 自社の株式の価値が分からない
  • 事業承継をした後、経営が傾かないか不安

これらのお悩みについてはよくご相談を受けます。

経営者のほとんどが事業承継対策をすべきだということはご存じですが、周りに相談できる相手がおらず、また何をすれば良いのか分からず、何もされていないことがほとんどなのです。

事業承継を成功させるためには、早い段階から十分な準備を行っていくことが不可欠であり、早すぎるということは決してありません。

税務・会計等に関することは、お気軽にご相談ください。